-Notebook-

「​ココロノオト」

一日の終わりに、今日がどんな日だったかを書く。

書くことが何もない日なんて無かった。

 

笑ったり、怒ったり、悩んだり、泣いたり、

起きたらもう夜だったり、

遠くまで歩いたり、誰かと手を繋いだり、

愛してると言われたり、、。

 

私は今日、

どんな一日を過ごして、どんなことを想ったのかな。

もう一人の自分と話をするような、

まだ声にもならない音に耳を傾けるような、

そんな感覚。

ノートを書く時は特別な時間。

それは、

心の音を聴く時間。

 © Thank you for finding us. AYUMI ENDO .