「人は美しいものだと感じていたい」

幼い頃から

自分を含めた「人」という欲深く矛盾した生き物に絶望し

独りで「絵」を描くことを唯一の救いとしていた私は

いつからか、自分が描いた「絵」の中に

暖かい光が射すような

一筋の希望を見出すことができました。

今ではその気づきこそが、すべての原点だったと感じています。

人は

 弱く、愚かで、愛おしい。

人は

 脆く、儚げで、尊い。

人は

おそらく、美しい。

-AYUMI ENDO-

 © Thank you for finding us. AYUMI ENDO .